路上で倒れていた高齢女性が意識不明の重体 ひき逃げの疑いで男逮捕「酒飲んでいた」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2月2日未明、兵庫県加古川市で88歳の女性が路上に倒れているのが見つかり、会社役員の男がひき逃げなどの疑いで逮捕されました。 ひき逃げなどの疑いで逮捕されたのは、兵庫県三木市に住む会社役員の永吉政之容疑者(50)です。警察によりますと、永吉容疑者は2月2日午前0時すぎ、加古川市平荘町山角の市道で軽乗用車を運転中に近くに住む谷川幸代さん(88)をはねて、そのまま走り去ったひき逃げの疑いがもたれています。 谷川さんは頭から血を流した状態で倒れているのが見つかり、病院に搬送されましたが現在も意識不明の重体です。 警察の調べに対して、永吉容疑者は容疑を認めていて「酒を飲んでいた」と供述しているということです。 警察は永吉容疑者が飲酒運転をしていたとみて詳しく調べています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。