"我が子に向けエアガン発射"常習暴行の疑いで父親(37)を逮捕 広島

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

息子をエアガンで撃つなど、常習的に暴行を加えた疑いで広島市の37歳の父親が逮捕されました。 暴力行為等処罰法違反(常習暴行)の疑いで逮捕されたのは広島市南区に住む37歳の会社員の男です。 警察によりますと男は、去年6月中旬から今年1月5日ごろまでの間、3回にわたって自宅で小学生の息子(10代)をエアガンで撃ち、顔面などにプラスチック弾をあてる暴行を加えた疑いがもたれています。 調べに対し「子どもに向けて撃っていたことに間違いない」と容疑を認めているということです。 事件は市の児童相談所からの情報提供で発覚しました。 児童相談所によりますと、今年1月6日ごろに事案を認知し、男の子本人に話を聞くなどしたほか、男にも面接を行うなど継続指導中だったということです。児童相談所の問い合わせに対し男の子は「エアガンで撃たれた」などと説明し、けがも確認されたということです。男の子は現在安全な状態にあるということです。 警察が事件のいきさつを詳しく調べています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。