150年変わらない日本の死刑制度──日本は世界の潮流に逆行している

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

世界で死刑を廃止、または実質的に廃止しているのは144ヵ国・地域にものぼる。経済協力開発機構(OECD)の38加盟国をみても、死刑執行を続けているのは日本だけだ。 制度の見直しをしようとしない「死刑モンロー主義」は、もう限界に達している──『ルポ 死刑 法務省がひた隠す極刑のリアル』を上梓した佐藤大介氏が、米国と韓国を例に世界の潮流を読み解く。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。