高校生のとき教師から性暴力受けた私が語る「逃げればいい」が心底難しい理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

性暴力のニュース報道が後を絶たない。 今年に入っても、15歳の養女に59回も性虐待を繰り返していた男に懲役18年の判決が言い渡された(1月28日)。東京品川では「若い女の子としたかった」という理由で12歳の女の子をSNSで呼び出して性暴力を行い、21歳の男が逮捕された(1月28日)。検索すると性暴力の事件が多発していることに驚く。 実際、コロナ禍になってから、全国のワンストップ支援センターに寄せられた性暴力や性犯罪の相談件数は、コロナ前の2019年に比べ、2020年は23.6%も増えている。 しかし、こういった報道が出るたび、SNSやニュースサイトのコメント欄には、「セックスごときで騒いで」「本当に嫌だったら全力で抵抗できたはず」といった「被害者にも非があった」とする書き込みをよく見かける。 そういったコメントを見るたび、心を痛めているのは、翻訳家でライターの桑沢まりかさんだ。まりかさん自身、過去に受けた性暴力で傷つき、今もその治療と戦いながら、性暴力の問題を寄稿し続けている。取材の中で投げかけられた、言葉をきっかけに、性暴力を受けた側が背負い続け、自らを責め続ける重圧についてまとめてもらった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。