マンUの若手スター選手にDV騒動 恋人がSNSで写真や録音データ公開し告発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

イングランド・プレミアリーグの名門マンチェスター・ユナイテッドに激震だ。人気ストライカーのイングランド代表FWメイソン・グリーンウッド(20)による暴行や暴言の数々を恋人が告発して大騒動になっている。 グリーンウッドの恋人のハリエット・ロブソンさんは30日に自身のSNSで写真や録音データを公開。「グリーンウッドが私に犯したことを知りたいすべての人に知らせる」というメッセージとともに彼氏の〝悪行〟の数々を告発した。 投稿された写真にはロブソンさんの口元から多量の血が流れるものや、腕や足など全身に残るアザが写っている。 また録音データには、ロブソンさんに対する罵倒や性行為を強要するようなやりとりが。地元メディアは声紋鑑定を行って、男性の声はグリーンウッドの可能性が高いと指摘している。 恋人の告発が事実ならば刑事事件に発展して逮捕される可能性もある。マンチェスターUは緊急声明を出して「最近SNSで起きた論争を把握している。ただ、事実を確認するまでこれ以上の言及はしない」と事態の静観を強調。「マンチェスターUはすべての暴力行為が根絶されることを願う」と一般論として暴力反対の立場を表明した。 グリーンウッドは名門の下部組織からすい星のごとく現れた生え抜きスターで、イングランド代表にも選ばれるなど将来を嘱望されている。その一方で、2020年秋に代表に招集された際には、チーム宿舎に女性を呼び寄せる違反を犯してチームから追放。さらにその後、笑気ガスを吸引している動画も流出して騒動となった。 またまたトラブルを起こした名門の〝問題児〟。レギュラーとして5ゴールをマークするなど活躍しているだけに、今後の騒動の行方に注目が集まる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。