2019年 11月 の投稿一覧

ハニートラップでクレジットカード盗む 51歳の女逮捕

交際関係にある男性の財布からクレジットカードを盗んだとして51歳の女が逮捕されました。盗んだカードは別の男が300万円あまりの電化製品を買うのに使われていました。

逮捕された会社員の舟坂悦子容疑者(51)は6月、神戸市内の自宅で、交際関係にあった会社役員の男性(53)の財布からクレジットカード3枚を盗んだ疑いがもたれています。また、そのクレジットカードを使って名古屋市内の家電量販店でテレビやブルーレイレコーダーなど69点、合わせて約310万円相当を購入したとして神戸市の無職・亀井寿光容疑者(42)が逮捕されました。警察の調べに対し、2人は容疑を認めています。警察は、2人が知人関係で、舟坂容疑者が他の男性に対しても交際関係に持ち込み、クレジットカードを盗む同様の手口で犯行を繰り返していたとみて捜査を続けています。

福岡市中央区の会社役員、覚せい剤取締法違反の疑いで逮捕 田川典一(のりかず)容疑者(31)

福岡県警は11月20日、覚せい剤取締法違反(使用)の疑いで、福岡市中央区居住の会社役員・田川典一(のりかず)容疑者(31)を逮捕した。

 逮捕容疑は2019年11月6日頃から11月13日頃までの間、覚せい剤の1つであるメタンフェタミン(フェニルメチルアミノプロパン)を使用した疑いがもたれている。 

 田川容疑者は11月13日午後1時5分頃から午後3時30分頃までの間、福岡空港国際線のトイレにおよそ2時間半近く閉じこもり、空港職員がトイレから出るよう再三要求したにもかかわらず応じなかったため、建造物侵入(不退去)の疑いで逮捕。その後、警察による取り調べを受けていた。

帰宅中の女性の首絞め わいせつ行為か、25歳男を逮捕 山田健人容疑者(25)

およそ2キロにわたって帰宅途中の女性の後をつけ、首を絞めてわいせつな行為をしたとして、25歳の男が警視庁に逮捕されました。

 強制わいせつの疑いで逮捕されたのは東京・新宿区のアルバイト、山田健人容疑者(25)で、去年9月、杉並区の路上で帰宅していたアルバイトの女性(22)の後ろから首を絞め、下半身を触った疑いが持たれています。

 警視庁によりますと、山田容疑者は防犯カメラの捜査で浮上し、京王井の頭線・富士見ヶ丘駅からおよそ2キロにわたって女性の後をつけたとみられています。取り調べに対し、山田容疑者は「全く覚えていない」と容疑を否認しています。

帰宅中の女性の首絞め わいせつ行為か、25歳男を逮捕 山田健人容疑者

およそ2キロにわたって帰宅途中の女性の後をつけ、首を絞めてわいせつな行為をしたとして、25歳の男が警視庁に逮捕されました。

強制わいせつの疑いで逮捕されたのは東京・新宿区のアルバイト、山田健人容疑者(25)で、去年9月、杉並区の路上で帰宅していたアルバイトの女性(22)の後ろから首を絞め、下半身を触った疑いが持たれています。

警視庁によりますと、山田容疑者は防犯カメラの捜査で浮上し、京王井の頭線・富士見ヶ丘駅からおよそ2キロにわたって女性の後をつけたとみられています。取り調べに対し、山田容疑者は「全く覚えていない」と容疑を否認しています。

医療法人社団同善会理事長の容疑者逮捕 林健太郎容疑者

駅改札の窓口のガラスをたたき壊したとして、神奈川県警鎌倉署は15日、器物損壊の疑いで、医師で医療法人社団同善会理事長の林健太郎容疑者(46)=同県鎌倉市由比ガ浜=を逮捕した。「たたいたのは覚えているが、割れてしまったかは覚えていない」などと供述している。

逮捕容疑は同日午前0時35分ごろ、JR横須賀線鎌倉駅西口改札の窓口に設置されたガラスを、右手でたたき割ったとしている。

同署によると、林容疑者は犯行当時、かなり酒に酔っていた。理事長を務める法人のホームページによると、林容疑者はこれまでに国境なき医師団日本理事などを務め、現在は国立保健医療科学院と千葉大で客員研究員として平和教育の研究などに携わっているという。